探偵と興信所の違いは?

探偵と興信所の違いは?

探偵と興信所の違いについて簡単にレクチャー

 

探偵は、他人の秘密をひそかに調査する行為、またはそれを仕事とする人の事。
探偵業者として公安委員会への届け出が必要。
法人や個人の秘密調査で、原則は調査対象者にはバレないようにします。探偵事務所はそれを行う会社・人物の事務所です。

 

 

 

興信所は、企業や個人の信用や所在、行動等について調査を行う民間の機関のこと。
他人の依頼を受けて、実地の調査を行い、その結果を当該依頼者に報告する業務については、探偵業法の規制があるので公安委員会への届け出が必要。

 

もっとわかりやすく言うと、興信所は法人や個人の信用調査するところで、原則は調査対象者の了承の元で調べるところ。
信用調査会社とか名乗ってます。(代表的なのは企業調査している帝国データバンクがあります)

 

 

 

浮気調査などは探偵社(探偵事務所)へ頼むのが正しいのですが、中には興信所と混雑する人や興信所の方が信用あると思う人も居るので、実質的に探偵社であるのに興信所と名乗っているところもあります。実際の意味合いでは違いがあるものの、名乗り方次第というところですね。

ホーム RSS購読 サイトマップ