探偵業法って何?

探偵業法って何?

探偵業法って何?

インターネットで探偵を探すと色々な探偵社や興信所がみつかると思います。

 

インターネット広告でもかなら沢山でてくるから、本当にどこで頼めばいいのか分からない状態。

 

また、探偵業を営む会社の中でも悪質な業者が増えてきているのも事実でして、そういった悪徳な探偵業社から市民をも守ろうってことから探偵業法って法律が平成19年6月1日から出来ました。

 

 

探偵業の業務適正化
【探偵業法】

 

探偵業法って、上記で述べた通り、庶民を悪の手から守る法律ですが、基本的に探偵業を営む人たちに対してどうするべきかを述べた法律です。

 

つまり、探偵業法って、探偵業務の適正化を図るための法律なんですよね。

 

探偵業って、調査依頼を受けたあと、依頼対象者の行動を監視するために張り込みや尾行をしたり、対象者に関する情報を得るために面接や聞き込み調査をしたりしますよね。

 

このような営業をしますよってことを、必ず届けなさいってことです。

 

でも、届を出せば何でもOKかって事ではなく、探偵業をしているってことを国に報告するだけで、届け出をすれば特別な権限を与えられるってことじゃないです。警察などとは全く違いますからね。

 

 

探偵業社の義務について

 

このようなことから、探偵業を営む者は必ず都道府県の公安委員会に届け出をしなければならないことになっています。つまり、公安委員会に届け出をだし、そこで認められた業者でなければ探偵業をしてはいけないことになっているわけです。

 

そのため、依頼しようと思っている業者が公安委員会の届け出が出ているかを必ず調べるようにしてください。

 

法律を遵守しないような業者は真っ当な調査はしないでしょうし何よりその調査の信頼性が薄くなり裁判での資料となりえない場合もありますからね。

 

探偵業者の義務については下記の通りです。

 

書面の交付を受ける
名義貸しの禁止
契約内容に関する書面や重要事項説明書の交付
秘密保持義務
探偵業務の実施における規制
従業員名簿の記載
探偵業届け出証明書の提示
従業員に対する教育、指導

 

探偵業開始届出書は必ず提出しなければならない

 

探偵業法について、先に述べていますが、平成19年6月1日から営業所のある公安委員化愛に探偵開始届出書を提出しなければならないことになっています。

 

この開始届出書がないと探偵業を営むことが出来ないことになっていますから、絶対に確認してくださいね。

 

依頼する探偵社に行く際、確認事項の一つになり、この届出がなされていなければ高い確率で悪徳業者ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

探偵業法コラム
 探偵が使っていることで知られている追跡グッズとは 自分でも買えるのかと言われたら、購入することが可能です。一般的に、追跡グッズはGPS端末を用いて使用することが多いです。でも、誰でもネットなどで購入が可能です。車両に載せてあるGPS端末というのは、車が盗難されたときに備えて搭載しておくものですので、誰でも買えるのは当然です。浮気の調査を探偵に任せ、どう考えても覆しようのない裏付けが取れれば、慰謝料の請求は配偶者と不倫相手双方にすることもできます。心から信用のできない人間と一生共に生活することは精神的な負担は計り知れないものになるでしょうから、慰謝料を請求して離婚することは決して悪いことではありません。さらに、原因である不倫の相手に慰謝料の支払いが課せられれば別れさせることも難しくはありません。不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、50万円程度のケースもありますし、400万円くらいになる場合もあります。実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできますが、金額は低いです。さらに、不倫相手が不倫の事実はなかったと主張する場合には根拠が必要です。第三者からみても明白な不倫の証拠が必要です。離婚ということになってもかまわない、慰謝料をちょっとでも多く取りたいと思う場合、浮気現場に乗り込んじゃってもかまいません。しかし1人で踏み込むという方法を取ると、大きい揉め事の原因になりうるので、避けるのが賢明です。信頼する人に付いて行ってもらえば、カッとなって騒ぎを起こす心配がなくなります。信頼できる人が見つからない場合は、探偵等に頼むことをお勧めします。よく着る服装が変化してきたら、危ない予兆です。浮気のパートナーの好きな服装にしていたり、評価をわずかでも高くしようとしたりしているのかもしれません。いきなり、年にそぐわないデザインや色の洋服を選んで着るようになりだしたら、相当に危ない予兆です。その中でも特に、趣味の良い下着をつけるようになった時、浮気の可能性もかなり高いです。ご主人の浮気相手の家などに乗り込んで行ってひどい状況に陥るのは、ドラマでも描かれることが多い光景です。ご主人の方が浮気の現場に踏み込んだら、相手を刺したり、殺してしまうストーリーもよく使われます。配偶者の浮気の現場に自ら乗り込むのもあっていいやり方でしょう。離婚まで覚悟しているならば、実行する余地はあるかもしれません。浮気の証拠をとらえるためには、浮気調査を探偵に依頼することが最も確実な方法です。ところが、探偵に頼むと結構なお値段なので、あらゆる人が簡単に頼むことのできるものではありません。探偵に浮気の調査を頼んだら、金額はいくらほどかかるでしょう?探偵事務所ごとにも料金はまちまちなので、依頼する前には見積もりをお願いするのがよいでしょう。成功報酬制の料金体系を設定している探偵事務所は、調査に成功したケースでしか報酬を得られないというリスクがあるため、成功した場合の料金が割高に設定されています。そのように考えると、成功報酬制を採用している方が、浮気調査費を安く抑えられるわけではないのです。調査能力がどこまであるのかなどもよく確認して、料金システムに関して不安がない探偵事務所に依頼すると安心です。身なりを確認して浮気の証拠を見つけられます。浮気をしている人に、目立って現れてくるのは着る洋服の違いです。おしゃれをすることにはそれまで関心がなかったのに、いきなり服装に関心を持ったのであれば注意する必要があるでしょう。今後、浮気をしそうな人がいたり、とっくに浮気のパートナーがいたりするかもしれません。飲食店などの領収証の記載には定食の数から一緒にいた人の数が書いてある事があるので、不倫と決定づける参考資料となります。加えて、支払いをクレジットカードでした時は毎月きちんと目を通すようにします。仕事で利用したのにビジネスホテルではなかったり、一人で宿泊したにしては高額だったりすると、誰かほかの人と一緒にいたと判断される事があります。例え、配偶者が浮気している場合でも今後も、パートナーであり続けたいのなら昔でいう「逢瀬」の場に、勢い込んで行くのはしないほうがいいでしょう。浮気していることを指摘された結果、配偶者が浮気を正当化したり、逆上してしまい、離婚を避けられない事態に陥るかもしれません。それだけでなく、あなたのパートナーと通じていた相手と言葉を交わしてしまうと大きなストレスになってしまうのです。尾行について時間による代金設定がされている場合、探偵が尾行を行う時間が長いよりも短い方が、費用が少なく済みます。ですので、尾行を探偵にお願いするなら、日常からパートナーの行動を調べておくことが重要です。そこで一番おかしな行動をする時間帯や曜日に尾行をお願いすると、探偵業法側も余計な手間がかからず、お互いにとってメリットがあります。結婚相手の浮気調査を委託する場合、相当低い料金設定であったり、もしくは高額な報酬金を請求してくる会社ではなく、料金設定が細分化されていて、追加の調査料を払わなくて済むような探偵事務所が望まれます。そして、業者として届け出をしっかり行っているのか前もって確認しておきましょう。違法に調査を実施している業者へは依頼は控えた方がよいでしょう。浮気調査でなにより大事なのは、浮気しているという確かな証拠を入手する事です。浮気しているか否かが不明瞭な場合は改めて、調査を続行するか否か決めなければなりません。もしも浮気が確かなこととなれば、浮気相手が誰か? を調査する段階となります。お出かけ先からパートナーの行動を調査したり、こちらの存在を悟られぬよう注意をしながら、浮気相手の素性を確かめるのです。もし、密会の曜日や時間がわかっているのでしたら、調査期間は短くなりますので、調査費用のお財布への負担を減らせるのです。しかし、浮気をしている日時が特定できているなんていっても、友人を説得して証拠を撮ってきてもらうにしても、無駄足になることが多いでしょう。ばれないで写真を撮影するには探偵を雇うのが賢明でしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ